事業方針

令和元年度 相模原市P連 事業方針

スローガン 『共に育む 大人の背中』

【基本方針】

 PTAは、保護者と教職員の会であり、その活動は大人の学びの場でもあります。
今春、元号が平成から令和へと変わり、まさに新しい時代がはじまりました。時代が変わっても、大人が子どもの幸せを願う気持ちは変わりません。
 子どもは学校での集団生活の中で、友人や先生達と関わり様々な学びをふかめていきます。また家庭においては、家族の温かさや教えの中で大きく成長していきます。
 子どもの安全で健やかな成長は、学校だけ、あるいは家庭だけで育まれるものではなく、学校教育・家庭教育の両輪があってこそ育まれるものです。この両輪をしっかりと前へ進めていくことがPTAの大きな役割です。
 家庭と学校が、保護者と教職員が共に学び合い、その良い影響を反映させながら大人の背中を輝かせていく。結果として子ども達の育成環境の向上が実現されることになります。

 市P連は市内100校の各単位PTAが11のブロック協議会に編成され成り立っています。ブロック協議会内で、問題意識の共有を図ることは、さまざまな情報が飛び交う現代において、より一層重要になってきております。

 今年度も市P連は各単位PTAや小中学校、各種関係団体との連携をさらに強化し、実りある事業を推進して参ります。

【重要施策】

  • 1. 教育環境改善への取り組み
    • ① 「市長・教育長との教育懇談会」の実施
    • ② 教育委員会との情報交換会の実施
    • ③ 小中校長会との懇談会の実施
  • 2. 家庭・学校・地域連携への取り組み
    • ① 家庭教育事業の推進、サポート
    • ② 「造形さがみ風っ子文化祭」への参画
  • 3. 単位PTA活性化への取り組み
    • ① PTA代表者会の実施
    • ② 広報誌コンクールの実施
    • ③ 賀詞交換会の実施
    • ④ 相模原市PTA大会の実施
  • 4. 情報化への取り組み
    • ① 相模原市P連広報誌を年2回発行
    • ② SNSを活用した相模原市P連事業活動報告
    • ③ ホームページからの情報提供
    • ④ 効率的な会議運営のための資料事前配信
  • 5. 各種関連団体との連携及び情報共有への取り組み
    • ① 公益社団法人日本PTA全国協議会への役員派遣
    • ② 関東ブロックPTA協議会への役員派遣
    • ③ 政令指定都市PTA協議会への役員派遣
    • ④ 自治会連合会との連携、情報共有
    • ⑤ 各種関連公共団体への役員派遣
  • 6. 各種関連団体との連携及び情報共有への取り組み
    • ① さがみはら「風っ子」総合保障制度の推進
    • ② 相模原市PTA安全互助会との連携
    • ③ ネット・スマホ・ゲーム等情報モラルに関する啓蒙活動
    • ④ いじめ根絶に向けた組織の枠組みを超えた取り組み
  • 7. 将来を見据えた取り組み
    • ① 70周年記念式典の実施に向けての取り組み
    • ② 当会の名称変更に向けての取り組み