基本方針・事業計画


◆ 平成29年度 相模原市P連 事業計画


 スローガン

  『魅せよう大人の背中! ~共に育もう大人力~』

1.基本方針

相模原市立小中学校PTA連絡協議会(以下相模原市P連)は、昨年度神奈川県PTA協議会より円満に分離独立し、公益社団法人日本PTA全国協議会に正会員として加入いたしました。相模原市P連は加入率95%を超える全国でもまれにみる絆の深い団体です。この相模原市P連の素晴らしさを全国の模範となるように、しっかりと示しながらも、公益社団法人日本PTA全国協議会からの有益な情報を精査し、相模原の子どもたちの健やかなる成長と教育現場の支援のために、活かしていきます。

PTAは任意加入です。選択も自由です。しかしながら、子どもたちの健全なる育成環境を維持・推進していくためには、絶対に欠かせない組織でもあります。

PTAとは、保護者や教職員、地域の大人たちが共に学んでいく学習の場です。子どもたちの幸せを願う大人たちが共に学び、共に育んでいく。問題点や課題点を共有し、解決策について共に理解を深めながら、思いやりを深め、絆を深めていく。この時流の激しい世の中において、私たち大人が未来に向けて希望を持ち、夢を抱き、今できることを行っていくこと、その魅力ある背中を!魅せられる背中を!育んでいくことこそが、今後の未来を担っていく子どもたちにとっての良いお手本となるのではないでしょうか。

相模原市P連は、相模原市内単位PTAの集合体から成り立つ組織です。単位PTAだからこそ出来ること・出来ないこと、相模原市P連だからこそ出来ること・出来ないことなど、相互のデメリットを補い合い、相互のメリットを活かしていけるよう、各ブロックを通じて情報や課題を共有し、皆様の今後のPTA活動に活かしていけるよう、しっかりと務めて参ります。

今年度も子どもたちのために日々奮闘していただいている各単位PTA、市内の小中学校、また子どもたちのためにご尽力いただいている地域の大人たちにとっての市内最大の応援団として皆様のご協力とご理解を賜りながら、使命感を持って、事業を推進して参ります。

2.事業計画

1.相模原市P連の活動の見える化

①「市長・教育長との教育懇談会」の実施

②「造形さがみ風っ子文化祭」への参画

各種教育行政機関、委員会等への役員派遣

小中校長会、相模原市教職員組合との懇談会の実施

 

2.情報の共有化(事業、活動の周知)

相模原市PTA研究集会の実施

広報紙コンクールの実施

代表者会の実施

賀詞交換会の実施

公益社団法人日本PTA全国協議会への役員派遣

家庭教育事業を推進し、子育てを行う大人たちが学びあい、成長できる環境づくりの支援

 

3.情報化への対応

相模原市P連の広報紙の発行

会議資料の事前配信

ホームページからの情報提供

SNSを活用した相模原市P連の事業活動情報発信

 

4.継続性を維持していくための体制づくり

相模原市P連への加入促進活動

相模原市P連サポーターの拡充

さがみはら「風っ子」総合保障制度の運営

 

5.各種関連団体との連携と情報共有

いじめ根絶に向けた組織の枠組みを超えた取り組み

自治会連合会との連携と情報共有

ネット・スマホ・ゲーム等情報モラルに関する啓蒙活動

相模原市PTA安全互助会との連携

 

【結びに】

PTAは、なぜ必要なのでしょうか。その活動の意義とは何なのでしょうか。それは果たして子どものための健全育成環境をしっかりと構築出来ているのでしょうか。今現在の時流の激しい時代だからこそ、求められているのは、今の時代にあったPTA活動です。必要なの?と疑問を持たれるPTA活動は改善していかなくてはなりません。旧態依然の中から本当に必要なことと、新たに取り組むべきものを精査していきながら、今の時代だからこそ、絶対に必要なPTA!皆様に求められるPTA!そして参加していただける大人が共に笑顔で育んでいけるPTA!を私たちの子どもの育成環境に関わる、保護者や教職員、地域の大人たちと共に、叡智を結集し構築して参ります。